アーカイブ | 6月 2016

自己破産において免責不許可事由となる場合

債務整理に関しては大変多くの方が今後行っていく事が考えられます。最近では大変多くの方が多重債務で苦しんでいます。今後、消費税の増税等が考えられる時代において更に所得減少等が伴った場合、現在の借り入れの返済が行えなくなる可能性はどんどん高まっていきます。現在クレジットカードのリボルビング払い残高の多い方や消費者金融からの借り入れが大変多い方は大変な注意が必要です。収入と同等じょ返済額が毎月発生しているような場合は早急に弁護士や司法書士などに相談を行っていきましょう。自己破産という選択肢もあります。これは自分の債務が大幅になくなりますが、応分の資産もなくなる可能性があります。現在までの債務の金額やそれに至った経緯を鑑みて、とり得る手段は大きく異なってきますので、慎重に自分に最適な債務整理の方法を考えてはいかがでしょうか。多くの方が考える自己破産は借金の全てが無くなる事かも知れません。しかし、これには免責不許可事由というものが存在していますので、その点に関しては注意が必要です。債務超過に陥った原因が過度の浪費や行き過ぎた遊興、またギャンブルや株式投資等の失敗である場合は免責不許可事由となり、自己破産で全額債務を無くす事は難しいです。普段から自己破産を前提に生活を行ってイル方は殆どいないはずです。しかし、いざ自分がそのようなタイミングとなった時に自分が免責不許可事由に該当する事をしり、焦る方も大変多いのが現実です。自分の普段の健全な金銭管理は社会人として当然ですが、勤め先の突然の倒産やリストラ等によって失職して、収入がなくなる場合も十分に考えられるのです。そのような時にあわてて専門家に相談を行っていては時間の浪費になります。金銭に関する問題は大変デリケートな問題で、多くの方が他人に悩みを相談できない状態です。しかし、多重債務等の問題は多かれ少なかれ、また遅かれ早かれ解決をしていかなければならない問題です。取り返しの付かない事になる前に専門家にきちんと相談を行っていきましょう。無料相談を行っている所も沢山あります。インターネット等でも様々な情報が錯綜していますが、やはりその時点での制度に関して一番詳しいのは法律の専門家です。自分で誤った判断で処理を行なうのではなくきちんと専門家に相談を行っていく事でその後の人生においても大変有効な方法等を模索していく事ができます。現在悩んでいる方は早急な相談をおすすめします。