債務整理をする前に自己破産の違いと類似について知っておこう!

債務整理と自己破産は似て非なるものと言われるかもしれません。

ただし、債務整理にも大きく債務整理・個人再生の差があります。ここに自己破産が加わります。

それぞれの違いについて説明します。簡単に説明すれば、債務整理と個人再生は借金の減額が目的です。

自己破産は、借金が無くなるといった違いがあります。このように聞けば、債務整理と個人再生は少しでも借金の返済意思が

あるので、社会的制約が少ないと考えるかもしれません。自己破産は、皆さんがお考えのように個人信用情報機関に登録され

る(ブラックリスト)となるため、最大10年間の借り入れが出来なくります。

では、債務整理と個人再生はどうでしょう。実は、こちらも個人信用情報機関に登録されてしまいます。実際には、借金が減額

されるということは、貸付会社側へ損害を与えることになるのである。

結局のところ、自己破産と対した差が無いことになることである。こう考うべきであるえれば、自己破産した方が良いと考える人もいるであろう。

ただし、自己破産が出来ない場合がある。それは損害賠償金やギャンブル、過度の浪費による借金などは免責されないことがある。

ではどうするか、損害賠償金以外のギャンブル、過度の浪費による借金で自己破産が出来ない場合、債務整理・個人再生を実施する

ということになるのだ。

最近、間違われがちなのが過払い金請求との混同だ。これは、借金の減額がされることがある。この借金の減額が債務整理の借金

減額と混同させてしまっているのかもしれない。過払い金請求は、債務整理ではない。

個人的な見解として、債務整理より自己破産をするべきである。借金が無くなることは精神的にもその後の生活にもプラスに働くものと考える。

債務整理は、自己破産と同じペナルティを受け、借金が残ってしまう。生活再建をしようとしているのであれば、残った借金がマイナス要素となる。

また、債務整理の場合、この借金の返済期間が短い(約6年など)ということもあり、実際の生活に支障が出る可能性がある。

簡単に債務整理と自己破産を説明しましたが、人生の再スタートが許されるのであれば自己破産が望ましいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です